「たすけ」は、 既存設備のFDドライブをUSBで従来通り使えるようにしました。

<「たすけ」の特徴>
1.FDドライブをUSBドライブにした装置で
  取付はFDドライブと同じです。
  ◆読み込みだけに対応
  ◆読み書き対応
  の2種類があります。

2.「たすけ」の交換方法:
  既存のFDドライブを抜いて「たすけ」をFDドライブの
  位置に入れて頂き、電源・フラットケーブルを差して頂く
  だけで、USBで既存設備がそのまま使えます。

3.FDの型式の選択:
  「たすけ」内部で選択できる様になってます。

4.対応データ形式:
  CGSⅡ、CGS(EOD対応)、
  2DD、DOS(FAT)

5.表示:2柄または2品番で
  ボタンで→選択(白)と確定(赤)、
  文字数は、半角カナ・英数(8文字)

6.再起動時は「終了データ」を表示します。

7.CGSⅡの場合 [例] 3枚のFDで1柄の場合は
  (1/3)(2/3)(3/3)と分割表示されボタンで
  進みますが、途中、分割 選択もできます。

8.検証済メーカ
  佐和、カヤバ、タケムラ、ボーナス、ヤコブミューラ、
  アイコニックス、日本マイヤー、キリマテック、
  吉田機械、福田細巾織機、ワック、三菱重工、
  市川鉄工、タジマ工業、バルダン、ジューキ、
  ブラザー、ジャノメ、小倉宝石、
  福原精機(20M、30M、30M-B、100M)、
  20M(ソニーFDドライブ対応))、
  小森印刷機、三菱印刷機、アオヤマ印刷機、
  小森コーポレーション、三菱重工印刷紙工販売、
  リョービMHI、アキヤマインターナショナル、
  工作機メーカ、他
  (*FDを送って頂ければ随時対応します)

<オプション>
1.ファイル管理ソフト「みこし」
 ①FD⇔USBの双方向変換ができ、取り出したデータは、
  Windows10まで保存できます。
 ②ファイル管理、一彫修正他出来ます。
 ③2DDFDをご使用の場合はソフト「みこし」が必要
  です。
 
2.FD⇔USB 双方向変換ソフト(安価版:たすけ)
  Windows10まで保存できます。

3.変換器
 ・パソコン不要で、FD⇔USBの双方向変換ができ
  データが取り出せます。

<「たすけ」が動かない時>
1.FDをお借りし、データの解析を行い必ず動くように
  対応します。

2.オフコンデータをFDに落とし稼働している場合でも
  「たすけ」を作り直し対応してます。