会社名CSS 株式会社
設立1988年 11月
住所<本社>
〒482-0003 愛知県岩倉市曽野町 709番地
TEL 0587-37-9131(代表) FAX 0587-37-9061

<岩倉工場>
〒482-0002 愛知県岩倉市大市場町郷廻312番地
資本金1,000万円
取引銀行三菱東京UFJ銀行 栄町支店

1988年11月愛知県名古屋市千種区今池5丁目1-5に株式会社エポックを設立
1990年 4月株式会社日立製作所のHISに認定
1993年 4月富士通株式会社のFNPに認定
2005年 5月株式会社エポックからCSS株式会社に社名変更
2007年 8月日本毛織物等工業組合連合会の業務支援システムに認定
2007年11月佐和・カヤバに対応した FDとUSBの両方が使える
コントローラー『AO』を製品化
2008年12月愛知県岩倉市曽野町709番地に移転
2008年12月佐和・カヤバのダイレクトジャカード・電子ジャカードに対応した、USBコントローラが、地域産業資源活用事業計画に認定されました。(平成20年11・21中部第4号)
2010年 9月「中部知財金融」支援事業に認定
2010年10月新型ダイレクトジャカード「AO-DJ」の製品発表
2010年10月新型ダイレクトジャカード「AO-DJ」の特許申請
2010年10月中小企業技術革新制度(SBIR制度)支援事業認定
2010年12月佐和・カヤバに対応した USBコントローラ
「AO-LightⅡ」廉価版として発売開始
2011年 5月新型ダイレクトジャカードの特許取得 
(特許第 4747308号)
2011年 6月ダイレクトジャカード
商標登録 (登録第 5416906号)
2011年 6月ダイレクトジャカードが 域産業資源活用事業計画に追加認定
(平成23・05・16中部第10号)
2011年11月ダイレクトジャカードを 製品化
(西陣・桐生・エンドレス タイプ)
2012年 1月簡単に FD(CGS)を入れるだけで USB(CGSⅡ)に変換できる変換機を製品化。
2012年 1月FDドライブに換わる USBドライブ「たすけ」製品化
(メーカ問わず 既存装置が そのままUSBで使える)
2012年 2月CSS株式会社 
商標登録
2012年 6月8吋FD(CGS)をUSB(CGSⅡ)に変換する変換機製品化
2012年11月単動式電子ジャカード「AO-EJ」の試作品発表
2013年 6月単動式電子ジャカード
特許取得 (特許第 5326149号)
2013年10月CSS株式会社 岩倉工場を新設
生産体制を強化
2014年12月単動式電子ジャカード「AO-EJ」の発売開始
2015年 8月単動式電子ジャカード「AO-EJ」の新製品の設計開始
2015年 9月技術最先端型業種の製品として愛知県で認定
2016年 3月単動式電子ジャカード「AO-EJ」の新製品 として
(棒刀・ふみせ)にも対応できる様にした。
「内覧会」にて発表
2016年 4月新製品 単動式電子ジャカード「AO-EJ」を製品化
2017年 2月単動式電子ジャカード等の製造・販売事業
地域産業資源活用事業計画に係る認定
(2017 2 3 中部第23号)

  ソフト・ハードを独自開発・製造・販売するメーカです。
  繊維業界は色々な製造メーカが無くなった事で中古部品で対応
  しなければならない状況が長く続いています。

  当社は新規に単動式電子ジャカード・ダイレクトジャカード・
  既存メーカに対応するUSBコントロ-ラ、FDドライブに換わる
  USBドライブ等を開発してきました。
  

     <開発を始めて早10年の経緯>
1.開発の動機
   展示会に見えた西陣の方が「製造メーカーが無くな
   ったので先行き存続できない」と言われたことです。
2.中国に出て日本人の良さを知る
   10年前の私は、中国に通訳連れて営業に行ってお
   りました。言葉、人間性で合弁会社まで造りながら
   進退を考えていた時期でした。
3.着物の良さ
   私は、日本人として西陣織の帯着物は、日本人を最
   も美しく見せる最高の衣装と思ってます。
   以前、海外で着物を来た時、絶賛された事を思い出
   しました。
4.リサーチ
   ジャカード織の産地である、西陣、丹後、桐生、八
   王子等組合・繊維技術センターを回り、機屋さんの
   言われた事が事実である事を確認しました。

5.丹後織物工業組合の協力
   機屋さんの要望は、FDに換わるUSBコントロー
   ラは既存(2社)の置き換えで動き操作性も同じに
   し、更に今まで要望しても出来なかった事を開発し
   て欲しい、FDとUSBの両方使える様にして欲し
   いと言われました。  
6.コントローラの開発
   既存(2社)の中古品をダイレクトジャカードとコ
   ントローラの一式購入をし通信方法の解析を始めま
   した。
7.コントローラ完成
   既存のメーカー(2社)に置き換える事はバージョ
   ンもあり、各社コネクタの違いもありましたが、そ
   の都度対応しながら顧客の要望も開発して来ました。
8.ダイレクトジャカード
   既存の課題をリサーチし、課題をクリアした方法を
   考え開発し特許を所得しました。
   実際、工場内の稼働テストと違い現場では様々な問
   題が起きましたが、その都度クリアしながら製品の
   向上UPで安定した製品を納品しています。
9.単動式電子ジャカードの開発
   工場内では旨く稼働しても実際織機が無いため、現
   場で通糸等つけた状況で稼働させた時は、荷重負荷
   が違うため補強対応の経験をしました。
   今後、安価にご提供できる製品にする事が目標です。